菅原 駿のブログ

~自信0から這い上がった相談者の話~

今ある当たり前は当たり前じゃない

 

 

こんにちは!

森の相談所をつくるすがしゅんです!

 

本日は、「今ある当たり前は当たり前ではない」ということについて書きます。

 

あなたは、今ある当たり前に感謝の気持ちと、これは当たり前ではないことを認識できてますか?

 

・毎日ご飯が食べられていること

・学校に行けていること

・一緒にいてくれる人がいること

・安全に眠りにつけること

・叱ってくれる人がいること

 

これって、常にあるから、いつの間にかそれが全部当たり前になって、感謝の気持ちがなくなってしまいがちです。

 

例えば、今家で生活出来ているのも、家族が健康で一生懸命働いてくれているから。

 

これって、当たり前じゃなくて、例えば病気になってしまったり、怪我をしてしまって働けなくなったら、その生活って出来なくなりますよね。

 

でも、それは明日急に来るかもしれない。

 

食べ物もそうで、急な食糧難で、食べ物を手に入れられなくなるってことも、現実的にありえます。

 

一緒にいてくれる人も、一緒にいられなくなってしまうかもしれません。

 

このように、今当たり前のように感じていることは実は、当たり前じゃないんです。

 

奇跡なんです。

 

 

だからこそ、日々に、人に、常に感謝の気持ちを持ち、それを還元していく姿勢を持ち続けることをしましょう。

 

そうすれば、日々に一生懸命さも生まれますし、幸福も感じれますし、人によりバリューを与えられる人になれると思います。

 

今日伝えたかったことは、「今ある当たり前は当たり前じゃない。」これを意識して生きていきましょう。

 

だから、あなたも日々の当たり前に目を向けて、感謝の気持ちを忘れずに生きてください。

 

 

お読み頂きありがとうございました。

 

 

 

やりたいことの見つけ方(続き)

 

 

こんにちは!

森の相談所をつくるすがしゅんです!

 

本日は、「やりたいことの見つけ方のどうやったら見つかるのか」について書きます。

 

昨日は、やりたいことを見つけるためには、人に価値を与える経験をして検証しましょうということでしたが、正直これだけだと、いつ見つかるかが分かりません。

 

なぜなら、仮説がないので、点をたくさん打って見つけて行くようになっているから。

 

なので、ある程度の方向性や型を持って、検証して行く必要があります。

 

では、どうすればいいか?

 

答えは、既にやりたいことを見つけている人の環境に身を置くこと。

 

それによって、見つけ方やモチベーション、体感をすることができ、やりたいことの方向性が絞れます。

 

例えるなら、野球が上手くなりたければ野球が既に上手い人のところにいれば、その人は何を考えてて、どう動いているのかというのを聞けるし、肌で感じられ、上達に繋がりますよね。

 

 

やりたいことの見つけ方

 

 

こんにちは!

森の相談所をつくるすがしゅんです!

 

 

本日は、「やりたいことの見つけ方」について書きます。

 

 

あなたは、やりたいことがありますか?

 

やりたいことを仕事にしたいですか?

 

 

約一年前の私は、やりたいことがなく、将来が不安で仕方なかったです。

 

けれども、今はやりたいことを見つけて、それに向かって動けていて、将来も描けてきたし、毎日がワクワクしています。

 

 

やりたいことがなかった僕が、なぜ、やりたいことを見つけられたのか?

 

 

一つは、人に価値を与える経験をたくさん積んだから。

 

たくさんの検証から、自分のこれだ!というものを見つけました。

 

 

だから、立ち止まってしまっているあなたは、あなたの出来ることで、人に価値を与える経験をして、これだ!を見つけましょう。

 

 

正直、行動と検証だけでは、

簡単にやりたいことを見つけられないので、明日は、これに加えて必要なことを書きます。

 

お読み頂きありがとうございます。

やりたいことやってるのが一番

 

 

こんにちは!

森の相談所をつくるすがしゅんです!

 

本日は、「欲求に素直になると幸福でいられる」ということについて書きます。

 

 

どうゆうことかというと、

こうゆうことがしたい!

この人と仕事をしたい!

この人と時間を過ごしたい!

 

といった自分の○○したい!

に素直にいられることで、心から満たされ幸せを感じられるということです。

 

 

僕は、1年半ほど前までは、欲求を抑圧し、我慢して生きてきましたが、そんな時よりも今は圧倒的に幸福感を感じられています。

 

冒頭にありましたが、欲求に素直に○○したいに向かって行動しているから。

 

もちろん、困難にもぶつかりますが、むしろそれを楽しめるくらいのチカラがみなぎります。

 

だから、嫌なことや義務感でやることよりも、成果や前進に繋がります。

 

分かりやすい例を出すと、受験で好きな科目は、楽しくてどんどん勉強して、結果的に一番できる科目になっていませんでしたか?

 

このように、やりたいこと、すきなことに素直になって、取り組めることは、最も幸せであるし成果に繋がります。

 

 

あなたは、欲求に素直ですか?

 

自分の欲求、やりたいことが何かわからないのであれば、まずはそれを見つけましょう。

 

 

お読み頂きありがとうございました。

森の相談小屋を僕らはつくる。

 

 

こんにちは!

森の相談所をつくるすがしゅんです!

 

 

僕の理念は、「勇気で溢れる人を創る」です。

 

どうゆうことかというと、

もともと自分に自信がなかったり、悩んでしまっていたり、ネガティブな人が、自分の足かせをはずし、勇気を持って、目標や夢に向かって挑戦し、人生に充実している人が、たくさん増えていってほしいです。いや増やします。

 

なぜ、このようなことをしていきたいかというと、

小さい頃の家庭環境の影響からか、自分が、めっきりの自信無しのネガティブ思考の僕は、逃げてばかりの充実していない人生を過ごしてきてしまったからです。

 

周りの頑張っている人や、挑戦している人を羨んでも、自分は一歩を踏み出せず、とても悔しく辛い思いをしてきました。

 

けれども、そんな僕でも挑戦しようと思える瞬間はありました。

 

それは、父親に相談に乗ってもらった時です。

 

基本的に、ポーカフェイスの僕は、自分の辛さを表に出さないので、誰にも悩みや辛さに気づいてもらえず、自分からも相談できずにいました。

 

しかし、父親だけは、その異変に気付き、自然溢れる所へ連れていってくれたり、相談してくれたりしました。

 

そこで勇気をもらった時に、「よし頑張ろう!」そう思えて挑戦できる瞬間がありました。

 

そんな経緯で、自分も父親のように、昔の自分のように自信がなく、悩んでしまっている人の力になりたいと思い、相談に乗っています。

 

初めは、ただ相談に乗ればいいと思っていましたが、気づいてしまったのです。

 

本当に人を変えるには、環境を変えないといけないと。

 

相談に乗っても、数週間後には、その効力が切れてしまう人が多くいました。

 

これでは、本当の意味で、勇気で溢れる人を創れていない。そう思い、自信がない、悩んでいる人が集まれるような環境を作れれば、その人が根本から変われると思い、一つのビジョンとして、森の相談小屋の設立を目指しています。

 

いつでも帰ってこれる、森の相談小屋。

 

この環境を2年後、2019年。完成させます。場所は、高尾。

 

 

そして、今、僕は困っています。

 

一緒に、森の相談小屋をつくるコアメンを探しています。

 

 

僕の強みは、継続力、傾聴力、心理誘導力、フォロー力、集客力(修行中ですが)、初心者教育力、精神力、対女性コミュニケーション力です。

 

弱みは、戦略思考(鍛え中)、本質思考(鍛え中)、対大人数です。

 

物事を筋道立てて、戦略的に考えることが得意で、この森の相談小屋ビジョンに共感して頂けたあなたは、ぜひ一度お話しましょう!!

 

ご興味があれば、コメントもしくは、Twitterメッセまでお願いします!

 

 

お読み頂きありがとうございました。

自信を付けるには自分の強みを知りましょう。

 

 

 

こんにちは!

森の相談所をつくるすがしゅんです!

 

 

本日は、「自信を付けるためには、自分の強みを知ることが必要」ということについて書きます。

 

自信を持てていない人の多くは、自分の弱みへは目が向きがちですが、強みに目を向けられていません。人には、必ず強みがあるのにも関わらず。

 

これは、過去の私もそうだったので、分かりますが、そもそも自分に強みがあるという前提自体が皆無です。

 

だから、強みを向けようという意識すらしないです。

 

これでは、自分の弱みだけを認識して、いつまで経っても自信が持てません。

 

 

あなたは、この文章を読んだことを機に、前提として自分にも強みがあるということを認識して、その上で強みに目を向けてみてください。

 

 

では、それをどうやってやればいいのか?

 

 

ここで強みを見つけるワークを行っています。

 

 

お読み頂きありがとうございました。

 

 

 

悩みの種も人だけれど、幸せや喜びを貰えるのも人

 

 

こんにちは!

森の相談所をつくるすがしゅんです!

 

 

本日は、「悩みの種も人だけれど、幸せや喜びを貰えるのも人」

ということについて書きます。

 

 

これは、過去に自身が経験したことでの気付きで、

元気は、人から貰うのが一番だなと思いました。

 

 

過去に、何もかもが上手く行かず、落ち込み塞ぎこんでいた時期に、

人が煩わしくなり、1週間近く人に会わないでいました。

 

そんな中、人以外で元気を付けるべく、

好きな音楽を聞いたり、自然に繰り出したり、お笑いを見たり、

様々な好きなことをして、自分を満たそうとしました。

 

けれでも、いつまで経っても、心の中のモヤモヤが晴ないし、

元気も出ない。

 

 

そんな1週間が過ぎ、定期的な集まりで人に会わざるを得ず、

1週間ぶりに人に会い、会話をし、笑い、相談し合いました。

 

すると、今まで悩んでいたことが嘘のように思え、

よしこれから頑張ろうとポジティブになりました。

 

1週間:(24時間)×7=168時間

168時間悩んでいたものが人との関わりで、ものの3時間で解消されました。

 

※もちろん、誰でもいいわけでなく、信頼の置ける人という条件はありますが。

 

 

 

なので、もしあなたも何か悩んだり、不安で駆られている時は、

信頼できる人に会いに行きましょう。

 

 

もしいないのであれば、作りましょう。

ここではそんな環境を創ろうとしています。

 

 

お読み頂きありがとうございました。