菅原 駿のブログ

~自信0から這い上がった相談者の話~

今、折れそう。でも何とかやり続けたい人へ。

 

今日伝えたいことは、

「折れかけそうになっている時こそ
あなたがハッピーにしたい誰かのことを
考えましょう。」ということ。

 

 

僕は、基本的に不器用でなかなか上手く行くまでに時間が掛かり、途中で諦めそうになったり、折れそうになることがあります。

 

そんな中でも、ほとんど折れずにやり続けて行くことが出来ました。

 

 

 

なぜか?

 

 

 

題にもあった通り、辛い時こそ、ハッピーにしたい誰かのことを考えていたから。

 

「ここで折れたら、あの人の笑顔が見られない。」

 

「ここを踏ん張れば、あの人の人生を良くできる、笑顔が見られる、最高に出来る。」

 

辛い時、折れそうな時によく考えています。

 

重要なことは、
自分ではない「誰か」を思うということ。

 

追い込まれると「自分」となりがちですが、追い込まれた時こそ「誰か」です。

 

 

「自分のため」だと、諦めた時、損するのは自分だけなので最悪、自分の自業自得でしゃあなしと片付けられしまいます。

 

けれども、先述した通り、「誰か」のための場合、そうも言ってられない。傲慢かもしれないが、あなたが諦めたことで、「誰か」の人生にも損失を与えてしまうんです。

 

 

こうなった時に、あなたは諦めようとしている自分から目を覚まし、「やる」選択肢しか脳裏にはないはず。

 

 

結果、折れずにやり続けられます。

 

 

何かを成し遂げたい、やりきりたい、そんなあなたは、追い込まれた時には、「誰か」を考えましょう。

 

 

 

※いないなら、まずは、「誰を」ハッピーにしたいのかを考えましょう。

 

あなたの頑張れる、生きる、幸せの原動力となります。

 

 

お読みいただきありがとうございました!