菅原 駿のブログ

~自信0から這い上がった相談者の話~

出来ないんじゃなくて、限界を決めてやっていないだけ。

 

 

こんにちは!

 

森の相談所をつくるすがしゅんです!

 

 

本日は、自身への戒めも込めて、

「多くの出来ないは、出来ないのではなく、自分で限界を決めてやっていないだけ。これで多くの機会損失をしている」ということをお伝えします。

 

 

 

物事に得意、不得意は性質上あることは確かです。

 

しかし、それに甘んじて、挑戦すらしていない、自分に限界を決めて。

やる前から諦めている状態。

 

これって、本当にもったいない。

限界を決めずに、挑戦すれば、質は悪かったとしても、結果に繋がるかもしれない。

 

 

挑戦していれば、結果は1以上。

質は悪くとも、結果を1以上出せば、改善策を見出す材料は見つけられる。

逆に挑戦しなければ、結果は100%ゼロ。

改善策も出ない。

 

これが1年続いたら、挑戦していない人は、

少なくとも100も機会損失をしている訳です。

 

 

とってもったいないですよね。

 

 

 

若いうちに、挑戦しても、正直ほぼほぼ失うものはありません。

むしろ、得られるものばかり。

 

 

突然のチャンスが降ってきた時、

やらなければいけない時、挑戦しましょう。

 

逃げ癖は、癖なので

逐次、「自分で限界決めてないか?」という問いを立てては、

挑戦し続けましょう。

 

 

 

「そんなことは分かってるけど、自信が持ててなくて、動き出せないんだよ」

そんなあなたは、ここをクリックFacebookページ

            ↑

自分で限界の壁を作らぬよう、まずは、自信を付けていきましょう。

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。