菅原 駿のブログ

~自信0から這い上がったカウンセラーの話~

過去の弱みやトラウマは、実は最強の武器にもなりうる。

 

こんにちは!

 

森の相談所をつくるすがしゅんです!

 

 

本日は、

「過去の弱みやトラウマは、実は最強の武器にもなりうる。」ということについて書きます。

 

 

あなたは、や辛い過去やトラウマ、コンプレックスを、負の産物で、なるべく晒したくない、知られたくないと思っていませんか?

 

思い出したくもないし、これは何も使えないただの弱みだろう。

 

そう思っているかもしれません。

 

 

しかし、弱みや辛い経験は、実は、圧倒的強みになりうるんです。

 

むしろ、ある相手にとっては、圧倒的な強みになります。

 

 

どうゆうことかというと、

 

例えば、過去に自分に自信がなく、それでいて、なかなか相談できる人もいなく悩んでいた人がいます。

 

この人って、自信がなく、相談できなく悩んでいて、いわゆる過去のコンプレックスで、弱みであります。

 

もし、このままであれば。

 

 

 

けれども、この人が過去の自分のように、自分に自信がなく、相談してくれる人もいない悩める青年の相談に乗るとなった場合どうでしょうか?

 

 

 

 

 

先ほどあげた、コンプレックス、弱みはむしろ、圧倒的な強みとなります。

 

 

 

なぜなら、同じ(似たような)経験を既にしている、且つそれを乗り越えてきている訳だから、その経験を語ってあげるだけで強みになる。

尚且つ、気持ちが分かるので、心から共感してあげられる。これも強みです。

 

逆を考えてみると、特に悩むことなく、淡々な人生を送ってきていた人は、これが出来ますか?

 

9割9分できません。

 

経験がないから解決策も分からない、恐らく気持ちもわからない。

 

というように、あなたの弱みだと思っている過去の経験やトラウマは、今となれば、強みとなり得ます。

 

 

今一度、自分の弱みだと思っていたものに目を向けて見てください。

 

もしかすると、今までの辛い過去や辛い経験が、あなたの圧倒的な武器(強み)になるかもしれません。

 

お読みいただきありがとうございました。