菅原 駿のブログ

~自信0から這い上がった相談者の話~

成長を実感できず、挫けそうなあなたへ。

 

 

 

 

こんにちは!

 

森の相談所をつくるすがしゅんです!

 

 

本日は、「成長」との向き合い方について書きます。

 



あなたは、「自分は成長した。」と断言出来ますか?

私は、「自分は成長した。」と断言できます。※今は

 

しかし、「成長」への向き合い方を知らなかった時期には、

自分はずっと停滞していて、

周りがどんどん先へ進んでいってしまう焦りを感じていました。

自分はなんてダメなのか、成長というより、

むしろ退化しているのではないかと思ったこともあります。

 


自分て今どこにいるの?

 


その結果、病みました。

 

では、なぜ、病んでしまったのか?



自分の成長を感じられなかったから。

 

 



なぜ、自分の成長を感じられなかったのか?

それは、、、
  

  

  

  

  

  

  

今の自分と今の周りを比べているから。


 

よーいドンッ!で、先に走り出していたボルトがいたら、それは病みますよね。

それを抜かしてやろう、フライングしているボルトよりも高速で走ってやろう。

それで頑張り続けられる人は、それで良いと思います。

 

しかし、大抵の人は、ずっとフライングしたボルトと比べ続けていたら、

どこかで、病んでしまうのかと思います。(仮説)

※僕は病みました。

 

では、どうすればよいか?

二つあります。

 

①自分のレーン(レール)で見る。

自分の3か月前、1年前と比べてどうなったのかで、自分の成長を測ります。

継続して活動をしていれば、やれることが増えていると思います。



それが一目で分かるのが、手帳や日記、活動記録を見返すことです。

あなたの3か月前、半年前、1年前の手帳を見返してみて下さい。



あなたが想像しているよりも、成長していると思います。

 

 

②時間軸を同じにして人と比べる。

 

 例えば、周りや世間で活躍している先輩などがいるとします。

その時に、「今」の先輩と比べるのではなく、

「自分と同じ時期」の頃の先輩と比べればいいです。



 案外、時間軸を揃えたら、その時点では、

あなたの方がリードしていることもあるかもしれません。



このまま、もしくは、より爆速で成長すれば、、、

と思うと頑張る糧にもなると思います。

 

このような「成長」への向き合い方を持てれば、

無駄に病むことも無くなりますし、

あなたの正確な現在位置も把握できます。

 

まとめると、

自分の「成長」を感じるには、

①自分のレーン(レール)で見る。

②時間軸を同じにして人と比べる。

 



これにより、自分の正確な現在位置の把握ができ、成長を確認し、

病まずに継続し続けられるようになります。

 

 

お読み頂きありがとうございました。