菅原 駿のブログ

~自信0から這い上がったカウンセラーの話~

常にワクワクした人生を送るための一歩目はこれ

 

 f:id:syuntask:20170817225906j:image

f:id:syuntask:20170817225918j:image

 

f:id:syuntask:20170817230047j:image

 

 

栃木の百合景色。

お花は元気が貰えますね。


こんにちは!
森の相談小屋を作るすがしゅんです!

 

森の相談小屋では、
くすぶる学生や若者が集い、
そこで、何かきっかけを得て、
夢を持ち、社会で活躍できる人を
輩出します!



緑豊かな自然で、
家族と暮らし、現地のもの、現地の人たちとの中で、心も体も豊かに暮らしている。

 

今描いたものは、僕の将来のビジョンの一部です。

 

From電車にて、ワクワクが過ぎて
ニヤニヤを抑えながら

 

 



今日は、
改めて思ったことを綴ります。


結論から言うと、
過去のことを話すよりも、
未来若しくは、現在進行形の話をする方が断然ワクワクするし、
そうゆう人と一緒にいる時が、
最高だなと思います。


というのも、
つい先日、地元の友人たちと久しぶりに会って、話しました。 

 


主に、中学の話や高校の話など、過去の懐かし話をしました。


普通に楽しかったは楽しかったけれど、これはたまにでいいな〜と。


確かに、
あの頃はまだ子供だったなぁ〜
こんな面白いことをしていたなぁ〜
っていう話は、懐かしみはありますが、そこに
ワクワクはありませんでした。

 


なぜなら、
もう終わってしまっていることだから。
過去は変えられないし、

もう来ないから。

 

 

例えば、中学時代を思い出してワクワクしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 


どうですか?ワクワクしましたか?
あぁ〜、なんか懐かしいなぁ〜
ぐらいにしか思えなかったのではないでしょうか?

 

過去を理想に変えられました?
変えられないかと思います。


そうなんです。


過去にはワクワクしようにもできないんです。変えられないんです。

 


だから、ワクワクしたいなら、
将来こうゆうことを成し遂げて、
こうゆう仲間たちといて、
こうゆう家庭を持って、
と未来を考える。

 

妄想のような大きな夢を掲げて、語り、それを実現するために生きる。

 

そして、そうゆう仲間と過ごすことでワクワクも増幅しますし、掲げる夢、叶えられるスケールも増大します。

 

もっとワクワク。

 

そんな話をできる人たちといるのが、人生ワクワクするし、日々がワクワクで彩られるなぁ〜と。

 


過去に縛られずに、
前を見て、先を見て
ワクワクしながら生き続けたい。

 


そんなワクワクできる人が
たくさん増えたらいいな。

 


これは、あくまでも個人の見解です。

過去を振り返ることを

否定的に書きましたが、

過去を振り返ることも大切であるし、

そこに未来へのヒントが

隠れていることもあります。

 

だから、一概に過去はダメというものは決してないですが、
8割未来、2割過去くらいの分量がいいのかなと個人的には思います。


 

※※

地元の友達もとっても大切な存在なので、これからも年に1度は会って、

近況報告などしあいたいです。

 

 

お読み頂きありがとうございました。