菅原 駿のブログ

~自信0から這い上がったカウンセラーの話~

日々に幸福を感じられていない今を生きる人へ。幸福度が上がる考え方。

 

 

 

こんにちは!

森の相談小屋をつくるすがしゅんです!

 


「人という字は、ヒトとヒトが支え合って出来ている」
という言葉もありますが、
やっぱり人って1人じゃ生きれない。

 

最近、本当に思う。

 

これは、最近僕が、

相談やサポートをしていて思った。

 

・やりたいことが分かってるはずなのに、どこか1人の判断じゃ踏み切れない
・頑張りたいけど、一歩目が出ない

 

こんな状態が長く続いていた子も、

話を聞いたり、

背中をちょっと押してあげると、

嘘のように、意外とすんなり走り出す。


自分自身もそうで、そうゆう困っている人や幸せになりたい人がいるからこそ頑張れるし、動ける。

 

 

これも、源は自分でないヒト。

 


今生きられているのも、
・誰かが電車を作ってくれてるから、運転してくれてるから
・食べ物も誰かが育てて、採って、運んできてくれてるから

 

 

これも、自分でないヒト。

 


そんなこんなで、
つくづく人は、1人じゃ生きられないことに痛感する。

 

自分でないヒトが必ず関わってくれてるから、生きていける。


だからこそ、ヒト、一人一人を大切にして、

そして、僕も誰かの生きるために必要なヒトになれるようにいきたい。

 


ふとそんなことを思った夜10時42分。

 

 

あなたも、どれだけの人に生かされているかを考えてみてはいかがでしょうか?

 


今日は以上です。