菅原 駿のブログ

~自信0から這い上がったカウンセラーの話~

質を求める人ほど、低質な結果になる皮肉な話。

 

 

こんにちは!

森の相談小屋をつくるすがしゅんです!

 

 

「数打ちゃ当たる」は、

あながち間違いじゃないなと思います。

 

世間では非効率なことを出来るだけ無くし、如何にして効率よくするかを重要視します。

 

 

それで、多くの人は勘違いして量は悪などと思い、行動を減らしたり、0にしてしまいます。

 

んで、結果的に、前進しない。

行動によるデータがないから、質の高いものが何かもわからない。

 

これって、ナンセンスなんですよね。

 

 

 

質は、量からしか見出せないです。

 

 

 

例えば、マラソンでいきなりフォームとか走り方を研究しても早くならないですよね?

 

それよりも、とにかく走って走って、その中でこうゆう走り方をしたら楽に早く走れるな、ここが悪い癖だからここを、直せばより効率的に走れるなというのが分かりますよね。

 

これは、なんでもそうで、いきなり質を求めても結果に繋がりません。

 

むしろ、前進できなくなります。

 

 

だから、質を求める人ほど、まずは量をこなしましよう。

 

そうすれば、やる中で大事な2割が見えてくるので、その時に絞れば、質は圧倒的に上げられます。

 

 

 

まとめると、

質は量から見出されるから、いきなり質を追い求めるのではなく、まずは量をこなしましょう。

 

 

今日は以上です。