菅原 駿のブログ

~自信0から這い上がったカウンセラーの話~

知らないはリスクでもありますが、むしろチャンスでもあります。

 

 

 

こんにちは!


森の相談小屋をつくるすがしゅんです!
↑ゲストハウスのイメージ


何も知らないことも悪いことばかりではないということについて書きます。

 

このブログでも知らないことはリスク、危険であると伝えましたが、確かにそれは覆りません。

 

ただし、条件があって、知らないことを認識していない、もしくは認識しているけれど、我流でやっている場合ということです。❶


今回の場合は、知らないことを認識していて、問題意識があるという前提の場合の話です。❷

 

話を戻すと、上記❷が前提の時に、
何も知らない状態の人はむしろ、良い傾向にあります。

 


なぜか?

 

余計な情報が取り巻いていないので、素直にアドバイスや出来事、経験を吸収できるから。

 

イメージをするならば、白紙の紙ですね。


真っさらな白い紙なら、何色でも、どんなデザインで書いていけますよね。


こんなイメージです。

 


その状態と同じなので、むしろ、いい状態であると言えます。

ここでも、条件、というよりかは、注意点があります。

 


それは、悪いことや正しくない(自分のゴールに対して)ことも吸収してしまうということ。

 

だから、何か新しく吸収していくとなった時には、本当に自分のゴールに必要なのか?人であれば、本当にこの人は信用できるのか?
というのをしっかりと見極める必要があります。

 


では、それをどうやって見極めるか?
については、次回にでも書きます。


一度自分なりに考えて、次回の記事で答え合わせをしてみてください。

 

 

今日は以上です。