菅原 駿のブログ

~自信0から這い上がったカウンセラーの話~

400人の視線と心を一点に集め魅了する方法はこれだけしかない。

 

 

こんにちは!
森の相談小屋をつくるすがしゅんです!
↑ゲストハウスのイメージ

 

本日は、ちょっとリーダー層向けの記事になっているので、自信に関しての記事ではないです。

 

※今日は感情的に書いてるので、読みづらさがあるかと思います。

 

大事なことは、色々あるけど、やっぱり行き着くところは、理念・ビジョンだなーと。


なんで、改めて思ったのかというと最近、理念・ビジョンを語る大きなイベントに携わってきたからです。


そこでは、壮大で社会に大きな価値を与えるような夢や志を高く持った人たちが400名集まる中で、プロジェクプレゼンテーションが行われました。

 

僕は、そこのお手伝いとして、携わらせて頂き、会場の最後尾で受付をしながら、30人ものプロジェクトリーダーたちが話す勇姿を見ていました。

 

そして、その一人一人のプレゼンテーションを食い入るように見る参加者の方々。約4時間、登壇者への真剣な眼差しが降り注いでいたのが、後ろから見ていて分かりました。

 

f:id:syuntask:20171015193734j:image 

 

こんな感じの巨大な会場がパンパンになるくらいの人々がです。


そして、一番最後列から見ていた私にも、各登壇者の熱量が身体に伝わってきて、なにか痺れのようなものを覚えているほどでした。

 

ゾクゾク、ワクワク、現代の言葉では表せられないような感覚でした。


んで、なぜ、400人が魅せられ、最前列の僕にまでも感動が伝わってきたのか?

たいそう、素晴らしいプレゼン技術や心理誘導テクニック、論理構成、表現力に磨きが掛かっていたんじゃないか?そう思われる人も多いかもしれません。

 

もちろん、プレゼンが上手であったことには違いありませんが、ただプレゼンが上手いだけでは、4時間もぶっ続けで聞いていられないし、最後列の僕には、何も響かなかったでしょう。

 

 

改めて、なぜか?

登壇者30人に共通していました。

 

 

 

それは、

 

 

 


(凄まじく熱い)理念と
(壮大でワクワクするような)ビジョン
を語っていたこと。

 

 

 


30人全員が、自分の人生を通して、やり遂げていきたいという熱い想いと共に、それを如何にして達成していくか、その達成ビジョンを語っていたんです。

 

あー、やっぱりこれなんだなと。
人を動かすのは、理念・ビジョンなんだなと。

 

正直、理念・ビジョンを語っている状態は、まだそれが達成されていないです。(進行中の場合がほとんど)
そして、その多くが一人ではたいてい叶えられない大きなものです。

 

けれども、むしろ、人は、まだ見ぬものに、魅了されて、そしてそれに共感した人たちは、まだ見ぬ景色を一緒に叶えていきたい!そう思わされるのではないでしょうか?

 

そうして、人はそのビジョンを一緒に達成したい、その先の最高の景色のために、走り抜けたいと思わされるのではないでしょうか。

 


そんなことを思った昨日でした。

 

 

自己実現において、
「理念・ビジョン」は絶対外せない。

 

だからこそ、より自分は人生を賭けて何をしていきたいのか、誰に価値を与えたいのか、どう達成していくのかを明確にし、それをひたすらに発信、行動し続けるのが重要だなと。死ぬまでずっと。

 

 

私も、「勇気で溢れる人を創る」という理念のもと、自分に自信を持てていない、殻を破って一歩を前に踏み出せない人のための、森の相談小屋(ゲストハウス)を作ります。※※※「必ず」

 


今日は以上です。