菅原 駿のブログ

~自信0から這い上がったカウンセラーの話~

比較対象を持たないと一生病むor井の中のお山の大将になる。

 

 

こんにちは!

森の相談小屋をつくるすがしゅんです!

↑ゲストハウスのイメージ

 

今日は、比較対象を持つ重要性について書きます。

 

あなたは、比較対象を持って物事を見られていますか?

 

一つの環境や事象だけで、それが全てだと思っていませんか?

 

 

それで、病んでたり落ち込んでたり、はたまた、変に自信過剰になっていないですか?

 

もしあなたがそうなら、それは、かなりの損失です。

 

 

逆に、しっかりと比較対象を持っていれば、いちいち一喜一憂しないし、より正確な自分の現在地を把握できます。

 

したがって、

無駄な病みも、井の中のお山の大将状態も無くなるわけです。

 

それでいて、社会的に信用されます。

 

なぜなら、主観でなく、比較対象を用いた客観でものごとを見て話せているから。

 

んで、具体的にどうすればいいのか?

簡単。

 

自分のいる環境以外にも定期的に目を向けること。

足を赴くこと。

この小さな行動が意外と重要です。

 

 

まとめると、

比較対象を持って物事を見ましょう。

比較対象を得るために定期的に外に踏み出しましょう。

 

そうすれば、

今までの無駄な病みや自信過剰は消え、むしろ、正確な現在地を知れます。

 

 

今日は以上です。